和痛分娩(無痛分娩) 分娩・入院

和痛分娩(無痛分娩)について

当院では妊婦さんの希望に対応して、主として硬膜外麻酔法を用いた「和痛分娩」(無痛分娩とも呼ばれています)を行っています。
メリットと同時にリスクや費用についても理解いただいた上で、ご判断をいただきたいと考えています。

説明会として「和痛分娩クラス」を開催しており、和痛分娩を受ける方は妊婦健診で参加申し込みの上、必ずご参加ください。
当院での和痛分娩は計画分娩をおすすめしております。夜間・休日の自然陣痛の発来に対しても、安全に対応ができる範囲で和痛分娩を施行しております。

和痛分娩(無痛分娩)の場合はどのタイミングで行いますか?完全に痛みがないですか?

子宮口の開きをみながら、妊婦さんと相談して麻酔開始のタイミングを決めています。
痛みを和らげることにより、分娩を進めるという考え方で進めていきます。効き方には個人差があります。

計画分娩とは?

計画分娩では、入院日、分娩とする予定の日を外来で定めて、計画的に陣痛を起こし、分娩をします。
当院では計画分娩による和痛分娩をお勧めしております。計画分娩のメリットとして、陣痛発来後すみやかに麻酔を開始できる点があります。自然陣痛では、来院時にはお産が進んでしまっていて麻酔が間に合わなかった(麻酔の効果が十分に得られる前に分娩になった)というようなケースがありますが、計画分娩ではほとんどありません。

和痛分娩では必ず促進剤を使用しますか?

計画分娩では、自然の陣痛開始前から促進剤を使用して陣痛を起こします。
自然陣痛に対して和痛分娩を施行した場合でも、麻酔により陣痛間隔が伸びてしまい分娩が遷延した場合は、促進剤が必要になる場合があります。

和痛分娩では、自分の力で産めますか?

痛みが十分にコントロールされていても、子宮収縮を感じながら自分で上手にいきめることが可能です。
しかし麻酔が効きすぎて子宮収縮が分からなかったり、いきむタイミングがわからなくなったりする場合もあります。
その場合は一時的に麻酔薬の量を減らしたり、麻酔薬投与を中断したりして麻酔が効きすぎないよう調整し、スムーズな分娩になるよう誘導します。いきむタイミングが分からない時は医師や助産師がタイミングをアドバイスします。
また、産道の広さや赤ちゃんの大きさによってはご自身のいきみだけでは分娩とならない場合は鉗子・吸引分娩(器械を用いて赤ちゃんを引っ張って出す方法)が必要となることもありますが、その場合でもあくまでもご自身のいきむ力の補助的な役割と考えていただければと思います。

和痛分娩では、赤ちゃんに与える影響は?

硬膜外麻酔による和痛分娩は、他の麻酔方法に比較して分娩中でも安全に使用することができ、麻酔の薬剤自体が赤ちゃんに与える影響はほとんどありません。ただし、麻酔によりお母さんの血圧が急激に下がる場合には、子宮への血流量が低下して赤ちゃんに一時的に影響を生じる可能性があります。そのためお母さんの血圧を頻回に測定し、血圧低下の場合にはすぐに対応できるよう準備して分娩管理を行っています。
硬膜外麻酔自体の作用により子宮収縮や妊婦さんのいきむ力が弱まる場合があります。
そのため、鉗子・吸引分娩(器械を用いて赤ちゃんを引っ張って出す方法)となる可能性が高まります。
鉗子・吸引分娩は和痛分娩ではない一般的な分娩においても行われる方法です。それらは赤ちゃんの安全性が確保されている手技ですが、まれに、治療を必要とする赤ちゃんの傷が発生する可能性があります。

和痛分娩中の制限は?

食事について
和痛分娩に限らず、分娩進行中はどの方でも母体合併症出現や赤ちゃんの具合が急に悪くなり緊急で帝王切開が必要になる場合があります。
もし食事をされていると帝王切開施行時の麻酔危険度が高くなるため十分な注意が必要です。硬膜外麻酔の開始前後の一定時間を除き、基本的には食事制限はしていませんが、分娩進行中の赤ちゃんやお母さんの状態により帝王切開になる可能性が高くなったと判断した場合は、食事を制限しています。

排尿について
麻酔薬投与中は下半身の動きが麻痺しており、立ったり歩いたりが思うようにできないことがあります。
トイレへの歩行により転倒のリスクがある場合は、助産師により尿道にカテーテルを入れて排尿をしていただくことがあります。

和痛分娩のメリットは?

陣痛の緩和によってより気持ちや肉体的にリラックスして出産に臨めることが最大のメリットです。
また、分娩に対する恐怖感や陣痛の痛みといったストレスが極端に強い場合には分娩前後のお母さんの精神的な状態や出産後の育児に対して悪い影響を及ぼす場合や、産道の柔軟性が弱い(高齢出産など)ため、産道の緊張をとった方が良いと考えられる場合などではよりメリットが大きいとも考えられます。
分娩後の育児に体力が温存できることも有利な点といわれています。
分娩の負担が軽くなることで子育てへの意欲が強まったという出産後のお母さんの意見もよく聞きます。

和痛分娩は誰でも受けられますか?

血液が固まりにくい状態の妊婦さんは硬膜外麻酔の手技によって、硬膜外血腫ができるリスクが高まります。
そのため妊娠後期の採血にて血の固まりやすさの検査を行っています。
また椎間板ヘルニアの既往があるなど、背骨に強い変形がある場合は硬膜外にカテーテルを留置することが難しくなります。
麻酔薬にアレルギーがある妊婦さんも和痛分娩ができない可能性があります。何らかの合併症や既往症のために和痛分娩ができないかもしれないと不安をお持ちの妊婦さんは産科麻酔外来にて産科麻酔医と相談することができます。